【良い?悪い?】スコットペリーの発音大学の評判・口コミ・評価ってぶっちゃけどう?

【良い?悪い?】スコットペリーの発音大学の評判・口コミ・評価ってぶっちゃけどう?

スコットペリーの発音大学の評判・口コミ・評価

 

 

 

“その効果は絶大である”と話題となっており、とっても高い評価を受けている『スコットペリーの発音大学』なのですが、ここでは気になる監修者や教材そのものについてのネットでの評判や口コミなどをご紹介したいと思います。

 

 

 

◆英語発音矯正の世界的権威・スコットペリーってどんな人?

 

アメリカ人言語学者であるスコットペリー先生は、これまでに2,500人以上の日本人の発音を見事に矯正し、バイリンガルへと変えてきたという経歴を持つ、英語発音矯正の世界的権威のある方です。

 

 

スコットペリー氏は、25年もの間に渡って“日本人だからこそ起こってしまう”という間違った発音のクセについての研究を重ね、それを基に多くの日本人のクセを見事に矯正させてきた、英語発音矯正のスペシャリストなのです。

 

 

スコットペリー氏は、今から25年程前に英語教師として日本に招かれ、公立の中学校で英語の先生として、日本での生活をスタートさせました。

 

 

そしてその学校で、英語スピーチコンテストに向けて日々英語の練習をするある生徒の指導を任され、そのなかでその生徒には日本人が話す英語に多く見られるカタカナ英語や日本人特有の訛りがある発音を目の当たりにし、「このような英語を話していてはいくら練習しても入賞はできない。なんとかしてあげたい」と感じ、それらの発音や訛りを取る事を指導し続けた結果、彼女は3カ月後のコンテストで入賞を果たし、その後もスピーチコンテストでは数々の賞を獲得できるまでに成長したのだそうです。

 

 

この経験をきっかけとして、スコットペリー先生はそれ以来25年に渡って日本人の英語の発音に関する問題点の研究を行い、その後ようやく“日本人に特化した英語発音の矯正法”を確立させることができ、この教材の販売に至ったのだとか。

 

 

なので、このスコットペリーの「発音大学」DVDには、日本人が英語を話すにおいて誰もが通る失敗例とその対策のすべてが盛り込まれているというわけなのです!

 

 

 

◆監修者・スコットペリー氏の評価や評判はどうなの?

 

ここで、「発音大学」DVDを監修しているスコットペリー先生の指導を直接受けたことのある生徒の皆さんの、スコット先生に対する評価や評判についてご紹介したいと思います。

 

 

“これまで英語を学ぶ為に関わってもらってきた先生達は、生粋の日本人である私がさも始めからネイティブな英語の発音ができると想定しているかのように英語を教えていたのですが、英語には日本語に存在しないような発音の仕方や口の形があるので、その方法を教わらずにいざ英語を話してみても、それはカタカナ英語になってしまったり日本人特有の訛りのあるもので止まってしまいます。

 

 

そして、この問題点そのものを教えてくれたのがスコット先生でした。

 

 

スコット先生は、日本語にはない発音を熟知していたので、その音を発音する為の方法をレッスンしてくれました。

 

 

この効率的なレッスンのおかげで、私は2カ月程でネイティブ同様の英語力を手に入れることができました。”

 

 

“スコット先生は、少しの妥協も許さず間違っている発音を直してくれます。

 

 

それは、舌、唇の動かし方、リズムの取り方などネイティブな英語を話すために必要な要素すべてに対してです。

 

 

そんなスコット先生の指導の姿勢のおかげで、今ではネイティブの友人と話す際にも自信が持てていますし、友人の話もすべて聞き取ることができるようになりました。”

 

 

これらの評価を聞いても分かるように、スコット先生は日本人の英語の発音矯正に特化した指導をしてくれるので、今まで上手く英語が話せなくて悩んでいた人々に的確な問題点と課題を与えてくれ、それが英語力の上達に繋がっていると言えるのだと思います。

 

 

 

◆スコットペリーの「発音大学」DVDの気になる口コミ評価は?

 

ここまでで、スコット先生の人となりや、生徒さん達から非常に慕われ絶大な効果も実感されているということをお分かり頂けたんじゃないかと思います。

 

 

そこで続いては「発音大学」DVDを使ってみた方の口コミ、評判等をご紹介したいと思います。

 

 

“これまで様々な先生に英語を習ってきたが、いつも自分の英語力が向上しているとは実感できないままにレッスンが終わってきた。

 

 

しかし、この教材を使ってみて初めて自分で「英語が上達している」と実感することができた。口の形、呼吸法、音のつながりということがどれだけ大切なのかを実感した。”

 

 

“スコット先生は、日本人に特化した言語講師であるというだけあって教え方もとても上手く、これまで知らなかった驚くほどたくさんのことを教えて貰った。

 

 

10年間アメリカに住んでいたにも関わらずこれまでは聞き取れなかった音もまだまだあったのだが、発音大学を始めて自分で本来の英語の発音で喋れるようになってからはそういった音もすべて聞き取れるようになった。

 

 

日本語にはない音の出し方を教えてくれるところがこの教材の一番素晴らしいところだと思う。”

 

 

というように、それまで何年も英語力が上達せず、その原因すらも分からないまま悩み続けてきた方々に、改善するべき問題点や上達を妨げていた原因をいとも簡単に教えてくれたという評価が本当に多く見られました。

 

 

なので、これまで英会話教室に通ったり他の教材を使ってみたけれど英語力の上達に全く効果が見られなかったと感じていた方には、是非試してみて欲しいと思います。

 

 

一方で、この教材に対する厳しい評価もありました。

 

“テキストとDVDがポンと入っているだけだったので、どのように勉強を進めていけばいいか分からず、結局1ページもテキストを開いていない。モチベーションを上げてくれる要素がないところが残念”

 

 

“教材としての作り込みが甘く感じる。ストレスを感じることなく勉強を進めるには不十分。しかし、自分が不得手だと感じていた問題点は改善できたので効果はあると思う。”

 

 

といった、教材の構成やデザイン?の部分でしょうか、その点に対する不満を持ったという口コミも見られました。

 

 

確かに、たくさんのカラーが使われていたり、キャラクターなどを配置している…というようなテキストではないので、“可愛さでモチベーションが上がる!”というタイプの人や、“真っ黒で文字がたくさん書かれただけの紙きれでは内容が頭に入ってこない”というタイプの人もいると思うので、こういった感想があることは当然だと思います。

 

 

しかし!これらの問題点も自分の勉強方法次第で解決することはできます。

 

 

スコット先生のメソッドには、本当に重要で是非覚えておきたい事がたくさんあるので、ボーっと目を通しながらでも気になった所に自分で色を付けたり、キャラのシールを貼りながら「自分だけのオリジナルテキスト」を作りながら読み進めてみると、後で見直す際に少しは気分も上がるのではないかと思います(^^)

 

 

内容そのものは本当に効果絶大で是非実践したい矯正法がたくさんです。

 

 

心から英語力の上達を目指しているという方にはとってもおすすめの勉強法だと思います。

 

 

 

スコット先生の発音大学DVDのレビュー

 

 

 

 

 

 

追記:

 

 

発音大学の口コミ・評判を他にもいくつか見つけたので紹介します。

 

 

・日本人は文法とか単語はよく知って覚えているのに、なかなか会話ができないですよね。

 

 

学校で学ぶ英語は読み書き重視の教育のため、発音がおろそかになっていることがその原因だと思います。

 

 

私たちが苦手な発音を補強する教材として、「スコットペリーの発音大学」はピッタリだといえるでしょう。

 

 

ただし教材はレベル別には分かれていないので、間違えて初級者が上級者向けの教材を買ってしまうことがあるのです。

 

 

悪い口コミがありましたが、その悪い口コミの原因は、こういったことからくるものではないでしょうか。

 

 

初級者にとって、上級者向けの教材が難し過ぎて役に立たないのは当然のことですよね。

 

 

**日本人は英語の発音が苦手です。

 

 

LやRなどの発音は日本語にはないので、カタカナ英語になってしまったり、訛ってしまいます。

 

 

監修者のスコットペリーさんは25年もの間、日本人の発音矯正について研究し続け、その結果「7つの秘訣」にたどり着きました。

 

 

教材ではその秘訣を教えてくれるので、これまでの2倍のスピードで正しい発音を身につけることができるのです。

 

 

・スコットペリーの発音大学は、1日15分の学習で、30日後には劇的に英語力がアップする方法ですね。

 

 

英語を正しく発音するためには、4つの口の形を覚えなくてはいけません。

 

 

またその他にも、ネイティブの呼吸の仕方や単語の音の長さ、英語の周波数、ナチュラルなスピードで話すことなどがあり、これらをマスターすればきれいな発音になれます。

 

 

**この教材では発音を学習するにあたり、一般的な発音記号は使わないので、発音記号が分からないという人でも問題なく学べます。

 

 

・こちらの教材と出会えたおかげで、海外留学経験の無い私でも、ネイティブの人に通じる英語が喋れるようになりました。

 

 

これまで発音に重点を置いた教室に通っていたにも関わらず、身に付かなかった口の形や舌の使い方、リズム等がこちらではすんなりと入って来て、繰り返し練習するうちにどんどん上達していくのが分かります。

 

 

まさに、私が習いたかったことが学べる教材でした。

 

 

**自分の求めていた教材に出合えると嬉しいですね。

 

 

ネイティブの発音をマスターするためには、口の形、呼吸の仕方、単語の音の長さ、音をつなげて発音、英語の周波数、鼻から出す息、スピードの7つを学習しなければいけません。

 

 

いずれも日本語を話す時には使わないものなので難しく感じますが、発音大学では分かりやすく教えてくれます。

 

 

・英語の文法には自信があったものの、発音がなっていないことは自分でも実感していたので、こちらの教材を購入。

 

 

これはまさに自分にぴったりでした。

 

 

7つのポイントに絞って教えてくれるため非常に分かりやすいですし、これで呼吸法を学んでからは、ぐんと発音が良くなったように感じます。

 

 

先日ネイティブの人と会話をした際に、聞き返されることが無かったため、確かに成長出来ていると思います。

 

 

おかげで、自分の英語に少しずつ自信が持てるようになりました。

 

 

**スコットペリーさんは、日本人は他の言語を話す人たちに比べ、英語を話すことに向いていないと言っています。

 

 

それは「L」や「R」などの発音は日本語にはない発音で、そういったものがたくさんあるからです。

 

 

けれども発音大学で1日15分、30日間きっちり学習すれば、ネイティブと流暢に会話ができるレベルになることができるのです。

 

 

・英会話スクールに何年も通い、TOEIC(R)テストでも高得点を持っていて、英語には相当な自信がありました。

 

 

日本にいた時は外国人とも堂々と会話をしていました。

 

 

ところがアメリカの企業に就職し、電話に出るとアメリカ人にはなかなか通じず、それが原因で会社をクビになってしまいました。

 

 

そこで発音大学で正しい発音を学び、やっと自信を取り戻すことができました。

 

 

今では、電話でネイティブとも会話をすることができるようになったのです。

 

 

**電話でネイティブと会話するためには、かなり正しい発音を身につけていなければ不可能です。

 

 

電話は雰囲気や身ぶり手ぶりなどが見えないので、通常の会話に比べてなかなか通じないのです。

 

 

発音だけが命の電話ですから、会話が成立するためには、日本人が苦手とする発音もしっかりマスターしなければいけません。

 

 

・このままでは英語が聴き取れるようにならないと思い探していたところ、スコットペリーの発音大学を知りました。

 

 

スコット先生のメソッドは市販の発音教材と比べてもとても細かく、ネイティブの視点から見た日本人の英語の癖や弱点を、わかりやすく説明してくれています。

 

 

まだ始めたばかりですが、発音が良くなっていくにつれ、英語の一つ一つの音を聴き取る力がついてきているという実感があります。

 

 

英語学習そのものに対する意欲もさらに湧いてきました。

 

 

**発音大学では「呼吸の仕方」「唇の動き」「舌の動き」「リスニング力」を改善する方法を解説し、日本人がネイティブスピーカーのような発音を手に入れることができるよう設計してあります。

 

 

そのための7つの秘訣で効率よく学習すれば、上達への近道をたどることができます。

 

 

一般的な英語にはゴールがありませんが、発音にはゴールがあり、正しい発音を手に入れればゴールにたどりついたということです。

 

 

スコット先生の発音大学DVDのレビュー